インポートとは | 他のソフトからデータを読み込む

パソコン用語集

インオート(いんぽーと)
英語:import
直訳:輸入する

インポートとは

・ソフトにデータを取り込むこと
・大量のデータを移行する場合に使用することが多い
・汎用的なデータ形式にする必要がある

簡単な解説

インポートとは、英語では輸入を意味しますが、パソコンで使う場合は、他のソフトのデータを使用するソフトに取り込むという意味になります。

今まで使っていたソフトを別のソフトに変える時や、パソコンを新しくしたときにデータを移行する場合にインポート機能を使用します。

ソフトにインポート/エクスポートする解説

インポートの詳細な意味

インポートは、他のソフトからデータを取り込んで、そのソフトでデータを使えるようにすることです。

各ソフトのデータは、それぞれ形式が異なるので、あるソフトで作成したデータは他のソフトでは使用できません。そのため、データを取り出してから、インポートすることで新しいソフトでもデータを使えるようにします。

インポートするときデータの形式はテキストやCSV(カンマ区切りのテキスト)といった汎用的な形式で取り出します。

データを取り出すことはエクスポートといい、多くの場合ソフトにエクスポートの機能が備わっています。

インポート機能のあるソフト

インポートを使うことが多いのは、パソコンの引っ越しの場合です。ウェブブラウザのお気に入り、メールソフトのアドレス帳などはインポートする機能が標準でついています。

メールソフト

メールソフトにデータをインポートする場合は、設定やファイルメニューにインポート/エクスポート機能が選択できることが多いです。

OutLook2013では、ファイル → 開く/エクスポート からインポートとエクスポートができるようになっています。

Oulook2013のインポート機能

ブラウザ

Webブラウザでは、「お気に入り」を別のブラウザからインポートする機能があります。Google Chromeでは、設定アイコンから[ブックマーク] → [ブックマークと設定をインポート] を選択します。

Chromeのインポート機能

インポート元のブラウザを選択して「インポート」ボタンをクリックすれば自動的にお気に入りを取り込んでくれます。

chromeのインポートで対象のブラウザを選択

関連用語

エクスポート

まとめ

インポートとは、他のアプリケーションソフトからデータを取り込むことを言います。パソコンの引っ越しや同じ機能を持つ別のソフトを使うときにインポートがあるとすぐにデータを引き継げるので便利です。

インポートする際には、まずデータをエクスポートする必要があります。エクスポートするデータは汎用的なテキストやCSV形式でなので、他のソフトでも問題なく読み込むことができます。

この記事を書いた人

ITG10編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。わかりにくいIT用語やビジネス用語をわかりやすく解説するために日々情報を更新しています。
プロフィールはこちら

パソコン用語集

Posted by ITG10編集部