ハードウェアとは | 意味を簡単に解説

パソコン用語集

ハードウェア(はーどうぇあ)
英語:hardware
直訳:金属製品、機械設備。機器

ハードウェアとは

・コンピュータを構成する物理的な機器
・キーボード、マウス、モニタなど

簡単な解説

ハードウェアとは、コンピュータの形のある部分のことです。

具体的には、マウスやキーボード、モニタ、CPUやハードディスクなどがハードウェアといえます。コンピュータは、ハードウェアとソフトウェアがそろって始めて動きます。

ハードウェアの例

ゲーム機も本体とコントローラだけあっても遊べないように、コンピュータもハードウェアとソフトウェアが必要です。

コンピュータのソフトウェアといえば、もちろんWindowsやMac OSです。スマホもXpreiaやiPhoneといったハードウェアにAndroidやiOSといったソフトウェアが組み込まれて使えるようになっています。

コンピュータの4つの機能

コンピュータにおける物理的な部分は、すべてハードウェアといいますが、コンピュータは制御に重要な4つの機能に分類できます。

機能 ハードウェア
入力 マウス
キーボード
出力 ディスプレイ
プリンタ
記憶 メモリ
ハードディスク
処理 CPU

ハードウェアのその他の意味

コンピュータ以外の分野でもハードウェアという用語は使われます。この場合は物理的な要素の総称だと考えてください。

例えば企業であるのなら、物理的な施設や設備、車両などが該当します。他にも都市の場合だと、町の建物そのものや設備などを総じてハードウェアと呼んでいます。

他にもビジネス分野では、物理的な面についてはハードウェアと呼ぶことも多いです。

ハードウェアとソフトウェアの違い

ハードウェアの対比語として使われるのがソフトウェアです。目に見える物理的な面をハードウェアと呼ぶのに対して、目に見えない部分をソフトウェアと呼んでいます。

・ハードウェア – 目に見える物理的なもの
・ソフトウェア – 目に見えない内部の仕組み

パソコンの場合だと、目に見る機械部品がハードウェアです。これに対して、目に見えないプログラムなどがソフトウェアになります。ビジネスでのハードウェアとソフトウェアは、設備や施設などがハードウェアと呼部のに対し自社の規則や人材の教育などが、ソフトウェアに該当します。

この2つの言葉はセットで使われることが多いので、合わせて理解しておくといいでしょう。

ハードウェアとハードディスクの違い

ハードウェアに似た言葉として「ハードディスク」があります。文字が似ているので初心者のときは、勘違いしやすいですがハードディスクは、コンピュータの記憶装置、ハードウェアはハードディスクも含めた、コンピュータを構成する目に見える機器全般のことです。

つまり、ハードディスクはコンピュータのハードウェアの1つということです。

ハードディスクはハードウェアの1つ

関連用語

ソフトウェア

まとめ

ハードウェアとは、コンピュータの構成要素で目に見える部分のことをいいます。ハードウェアの例としては、ディスプレイやキーボード、マウス、ハードディスク、CPU、メモリなどです。

ハードディスクと対になる言葉としてソフトウェアがあります。ソフトウェアは、OSやアプリケーションソフトといったコンピュータを動かすための眼に見えない部分です。

この記事を書いた人

ITG10編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。わかりにくいIT用語やビジネス用語をわかりやすく解説するために日々情報を更新しています。
プロフィールはこちら

パソコン用語集

Posted by ITG10編集部