フォルダーとは | パソコンで使うフォルダーの意味を解説

2020年7月15日パソコン用語集

フォルダー(ふぉるだー)
英語:folder
直訳:紙挟み、書類ばさみ

フォルダーとは

・ファイルを分類するための保管場所

簡単な解説

フォルダーとはパソコン用語で、ソフトウェア上のデータ保管場所のことです。

特にフォルダーはWindowsで用いられる用語で、Linux、MacOS、以前のWindowsでは、ディレクトリと呼ばれていました。機能自体は、フォルダーもディレクトリも同じです。

フォルダーの機能は、データ(ファイル)を整理するための入れ物としての役割だけです。

図書館でも、分類ごとに本を並べると探しやすいように、パソコンでもバラバラにファイルがあるよりもフォルダで、何のファイルがあるのかを整理した方が使いやすいのと同じです。

フォルダーの詳細な意味

フォルダーは元々は英語の紙はさみという意味の言葉からきています。極論をするとパソコンの中にあるデータは、書類と箱の2つです。この箱になるのがフォルダだと考えてください。

またサブフォルダーという言葉もあります。これはフォルダの中にある、フォルダーのことです。箱の中に小さな箱が入っていると、イメージするといいでしょう。

フォルダーの概念

フォルダーはパソコンの中にある箱だとしました。箱といっても物理的にあるものではなく、飽くまでもOSの中にあるものなので目には見えません。

基本的にデータを保存するのは、HDDやSSDなどの記憶装置じゃないのと思う人もいるでしょう。確かにHDDやSSDに保存するのですが、これは物理的に必要となるものです。

対してフォルダは、先にも触れたようにソフトウェア上でデータを保管する場所になります。パソコンやスマートフォンで作成した文書などは、必ずこのフォルダーに保存される形です。

ファイルとフォルダー

パソコンのデータを箱と紙に分類すると、箱にあたるのがフォルダです。この例えで紙にあたるのがファイルになります。

ファイルはプログラムが書かれたものや、作成したデータなどのことです。このファイルを保管するのが、フォルダーになります。

フォルダーとディレクトリの違い

フォルダーと似た言葉に、ディレクトリがありますが、実はこの2つの言葉に違いはありません。

どちらも同じくソフトウェア上での、ファイルの保管場所のことです。主にWindows系のパソコンではフォルダと呼び、LinuxやiOSなどではディレクトリと呼んでいます。

明確にこの場合はフォルダーと呼ぶ、ディレクトリと呼ぶといった定義はありません。ただあまり詳しくない人だとフォルダの方が馴染みやすいですし、反対に本職の人だとディレクトリの方が慣れています。

どちらを使っても間違いではありませんので、相手に合わせて使うのも良いでしょう。

親フォルダーと子フォルダーの違い

フォルダーには親フォルダー、子フォルダーといった使い方もあります。これは前述したサブフォルダーに関連するものです。

パソコンのフォルダ構造は、ツリー状になっています。大本になるフォルダがあり、その中にはファイルとサブフォルダーがあるという形です。

このサブフォルダーが入っている、元のファイルを親フォルダと呼びます。さらにサブフォルダーのことを、子フォルダーとするのです。

この記事を書いた人

ITG10編集部

中小企業のIT化やビジネス支援を行っている株式会社エクシアのWebメディア部門。わかりにくいIT用語やビジネス用語をわかりやすく解説するために日々情報を更新しています。
プロフィールはこちら

2020年7月15日パソコン用語集

Posted by ITG10編集部